2021年11月29日月曜日

DRI(Disability Rights International )2021キャンペーン

 

Disability Rights International2021年、子ども権利委員会の2021一般討議日を障害分野から啓発するため、かぞくと暮らすことの権利を守るキャンペーンを行った。キャンペーンのページには次のように書かれている。

少なくても世界中で約1千万の子どもが、かぞくの愛と養育を受けず施設で育っています。公的資金やキャリティで年間100億ドルのお金が孤児院、施設介護、グループホームに流れています。DRI の複数の報告書ではこれらの子どもの虐待、ネグレクト、人身売買の詳細を記録してきました。すべの子どもが、孤児院やグループホームではなく、かぞくと一緒に暮らし育つ権利があり、その機会を持たなければなりません。

本キャンペーンでは、署名運動(世界200筆以上)や、以下のウェビナーを開催した。

・障害のある子どものためのグループホーム?障害者権利の観点から(2021年9月7日)
(Group homes for children with disabilities? Disability rights perspectives. Symposium)

・かぞく生活を送る権利を守りすべの子どもの施設収容を防ぐ。課題と解決(2021年9月8日)
(A Call to Action to protect the right to family life and prevent institutionalization for all children. Challenges and solutions)


上記2つの動画はこちらから 

ーーー
・世界的な論争:国際人権の実施。小規模グループホームの孤児院に取って代わるもの
(A Global Controversy: International Human Rights Implications of Replacing Orphanages with Small Group Homes)

動画はこちらから

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。